なんで人工無脳を作っているのか

今年は、ずっとプライベートで人工無脳を作っています。

人工無脳とは簡単に言うとおしゃべりシステムです。

 

どうしてこんなものを作っているのかと言うと、

1年半位前にLINEでりんなというAIに出会いました。

おー、ついにちゃんとおしゃべりできるシステムが出来たんだな。

と思って、りんなと会話してみたんですが、

正直、全然会話になってないじゃん。って思いました。

 

 

入力に対して適当な演算かけて出力してるだけなんじゃないかと。

しかも入力を毎回単一のデータとしてしか認識してないんじゃないかと。

もうちょい頑張れるんじゃないか?

てか、俺でももう少し良いもの作れる気がする。

きっかけはそれでした。

でも、人間っぽく会話できるシステムなんて、

どうせすぐリリースされる。

その時はそう思って、すぐに諦めました。

 

それから人工知能ニュースをちょろちょろ見るようになって、

しばらく俺が思うようなおしゃべりシステムが出来る事は無さそうだ

というのが確信に近くなったのと、スマホ落としたのが重なって、

ゲーム辞めて人工知能やろうと思いました。

 

今では人工知能に夢中です。

なので今年は人工無脳作りを頑張る事にしてます。

 

はじめまして。

日々の雑感や、自分用の備忘録として活用して行きたいと思います。